◆きっか通信1~40



◆きっか通信~54~2018.10

猫絵展


つばめやカフェにて、11月いっぱい展示させていただきます。
猫の絵。ハセガワ、日本画2枚、白板絵1枚、持っていきます。
つばめやカフェさん、アタシはまだスイーツはいただいてないですが、結構評判のようです。
ランチはとってもおいしかった。ヘルシーな感じです!
カフェでの展示などはじめてなので、ちょっと緊張しています。
県央地域では出して無い作品ですので、よかったらお近くの方、見てやってくださいね。








◆きっか通信~53~2018.8

リサイクル本棚置きました


以前本で読んでからすっとやりたかった「リサイクル本棚」
自分が店に居なりにならなきゃだめと思いこんでいてできなかったんですが
気がつきました。開いてる時だけ置いてもいいのでは、と。
ちょうどご縁があり、古い書棚が舞い込んできましたので、この機会に始めてみました。
「どうぞ、お好きな本をお持ち帰りください。
どうぞ、見なくなった本を置いて行ってください。」

意外な本が人手に渡ったり、思いがけない本が手元に来たり。。。
うちの本棚は小さいので、お持ちいただくのは3冊くらいまでにします。
来て、本棚を眺めてもらうだけでも。






◆きっか通信~52~2018.6

猫展終了。ご来場ありがとうございました。


この度もたくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございました。
猫をテーマに9回目の開催。毎回来てくださってる方もたくさんいます。
9年の間に飼っている猫が増えたよ~とか、毎回ハガキを撮っているよ~とか。
作家さん、お客さんに支えられて今に至るなぁ、と痛感です。

そして、今年も震災文化財保護へ収益の一部と募金箱への皆様のお心遣いあわせて23,936円寄付いたします。
ご協力ありがとうございました。









◆きっか通信~51~2018.5

きっかだより発行します。


紙ベースのアトリエ情報紙、つくりました。あえて、紙でございます。
手にとって読む情報って、やはり必要で、大事。ハガキはDMとして大事ですが
何気に手に取ってもらえるようにおたよりです。
県内のギャラリーや、市内のお店などに置いていただけるようにしたいと思います。
今回は2018年の展示予定だけですが、今後は絵画やものづくりなどへの想いや、巷の情報も記していけたらと思います。










◆きっか通信~50~2018.4

MyRoomニット展ご来場ありがとうございました



今年一番の展示、「MyRoomニット展-塩田直美-」終了しました。
ニットを通してもっと地域の交流を!と、塩田さんのテーマは大きくて
ニットのお教室とか、ニットの販売とかよりも、地域で編める方が交流したり、
外へ出るきっかけにしてもらいたいと、今回の展示をしました。
実際、たくさんの編み物好きの方がお話ししていかれました。
糸モノ、布モノは、女性は大好き。大好きなもので楽しめるっていい!
そんな単純であたりまえ、そして大切な時間を共有させていただきました。




◆きっか通信~49~2018.1

アトリエ10年目!


2009年に子どもの絵の展示から始まりました、あとりえきっか。今年で10年目に突入いたします。
年数回の開館ではありますが、ここまで持ちこたえられましたのも皆様のおかげさま。
今年から今までご縁をいただいた作家作品を企画展ごとに常設展示するスペースを設けます。
ふらりと入っていただいて、心にふれる作品と出会っていただけたらいいなあと思います。
また、店主のライフワークとしての絵も、お目にふれる機会をちょびっとずつ作りたいと考えています。よろしければ見てやってくださいマセ。







◆きっか通信~48~2017.11

箱展無事終了しました


台風が来たり、選挙になったりした会期中でしたが、たくさんの方にお出で頂き、楽しんでいただけました。
来年の開催はまだ未定ですが、またみなさんに楽しんでいただける会を持ちたいと思います。

3回目で、1回目から見に来たり出品してくれたりしていた文理高校の美術部の生徒たちが、今年で卒業とのこと。
先生の出品に乗っかってきてくれていたのですが、なんか成長してるし、感慨深いものです。

今年の展示はこれで終了。来年は3月の展示からスタートになります。
また春にお会いしましょう!では、籠ります!!



◆きっか通信~47~2017.10

2017HALU展終了しました























◆きっか通信~46~2017.9

NかMかⅢ1/2 阿部勝則・佛淵静子二人展終了しました。



ご来場ありがとうございました。
8月に、お二人それぞれで銀座での個展を終え、その反省会の意味も込めての今回の県内展示とのこと。
作品の緊張感とか、完成度とか、とてもすきっとした空間でした。
毎週人物デッサンに二人で臨むという、制作へのパワー、心がけに、感服いたしました。
また加茂で作品を見せていただけたら!と思います。




◆きっか通信~45~2017.8

こどもの絵展無事終了しました





今年で9回目の子どもの絵展でした。
今までも、これからも、子どもたちの成長は頼もしく
私の方が成長させてもらっている気がします。
子どもたちの絵から気持ちのいい空気をいただいて、さぁ、私たちも絵でも描きましょうか!



◆きっか通信~44~2017.6

猫展終了しました。ご来場ありがとうございました。



◆きっか通信~43~2017.6

須貝正利彫刻展展終了しました。ご来場ありがとうございました。



塩ビパイプでの造形。市販の部品を素材とすることに色々な意見もあるところですが
作品のあがりのきれいさ、形へのへのこだわりは、技術とも相まって、作品から醸し出されていました。
素材感を変えてしまう塗装の妙は、彫塑の隠れた醍醐味で、(これにばかりこだわってはいけないと思うのですが。。。)
技術として大事な部分とも思うのです。
石膏を青銅に。石膏を石に。塩ビ管をもっと硬質なものに。
楽しくて見どころのある作品を見せていただきました。


◆きっか通信~42~2017.5

日本画4人展終了しました。ご来場ありがとうございました。




加茂市で日本画を描いてきた4人展でした。わたくしハセガワが20代で加茂に来た時は、院展の番場春雄先生もいらっしゃり、周りで日本画を描いている人はみなさん40代以上のベテランの方ばかり。
そんな中皆様からお声掛けいただいて仲間にさせてもらったり、片隅に置いていただいたり。
いつまでも先輩たちの作品が見たいので、今回はこちらから声掛けさせていただき、展示させていただきました。


◆きっか通信~41~2017.1

Knit展終了しました。ご来場ありがとうございました。




「ニット」にテーマをしぼったこたつギャラリーでした。
新聞にもとりあげていただき、たくさんの方にきていただき、ありがとうございました。
皆様にニットを通じて交流してもらったり、楽しんでもらうのが目的の一つでした。
編み物は私たちのお母さん年代の方なら、たいていできたりします。しかも、お上手。
「昔やってたけど。」とか「もう「めんどくさくて」とか。。
でも、またやってみましょうよ。今度は家族のためとかでなくて、遊びでも。と、みなさんにおこがましく言ったり。

いつも役立たないものばっか作っている私にしてみると、そういう「遊び」ってとても大事と思えるのです。
なので、今回はたくさんくさり編みましたよ。皆さんで!まあ、この仕事を次回へつなげる「もの」を形にして少し残しておきたいと思っています。